近所の小さいお友達と遊ぶ小学生

我が家には、小学生の子どもがいます。休みの日は、他の小学生のお友達が、スポーツ少年団などのクラブ活動などで、家にいないことが多く、我が子は、自転車で公園などへ行くと、もっと小さい低学年の子どもや、保育園児と一緒に遊んできます。外の遊びだけでは、飽きてしまい、家に小さい子どもたちを連れてきて、プレイステーション3などで、遊んでいます。しかも、我が子は、一人は男の子ですが、女の子のお友達を連れて、一緒にゲームで、盛り上がっています。
 私が、夕飯の準備をしていると、保育園児の女の子が、「お手伝いしますよ。」なんて、言ってきます。「お家でも、お手伝いするの?」と聞くと、「ううん。しないけどね。」なんて、言いながら、私も、「だいたい作ったから、大丈夫だよ。」なんて、言いながら、小さい女の子たちを見ながら、大きくなった我が娘も、小さい時は、こんな感じだったかなと、思い出しています。
 子どもの成長は、あっという間ですね。子どもが、3,4歳だった頃は、ずっとこのままで、いてほしいなと思ったものでしたが、体も心も、大きく成長しました。小学生になると、自分でできることは、増えてきますが、言葉かけも難しくなり、自立を促すように、育てなければと、焦ってしまいます。